機械系3DCAD教育なら、豊富なCAD機種対応の「企業向け3次元CAD教育.com」にまずはご相談下さい。

Copyright 2010 aiworks research institute. All rights reserved.
No reproduction or republication Without Written permission
企業向け3DCAD教育.com by アイワークス株式会社  
〒220-0011神奈川県横浜市西区高島2-6-38岩井本社ビル3F
TEL:045-451-1831 FAX:045-451-1832 URL:
http://www.3dcadkyoiku.com

→→→24時間以内にご連絡いたします。
CADは設計者がコンピューターの助けを受けながら設計業務を進めるためのシステムです。設計や製図業務の無人化を図るものではなく、当然ながら設計者の創造力が不可欠ですよね。

以前は、「3D-CADできる方→→→すごい!」といった風潮がありました。
3D-CADそのものがまだまだ普及されておらず、オペレーティングできる方は希少だったという背景からでしょうか。

しかし、いまは3D-CADのオペレーションができても(それはそれでとても上質なスキルですが・・・。)機械設計はそれだけではそうはいかないという考え方が一般的です。設計の基礎知識を有し、そして更にCADの特性を知る。つまり活用できることが求められる内容です。

ドラフターや製図板代わりにCADがあるのではなく、コンピューターの特性を活かした機能を活用することで設計業務に相乗効果が期待できるのです。

①作業の効率化
3D-CADは立体形状のデータによる2Dの製作図面の作成、加工データなどを出力することができ、人為的ミスが軽減される。寸法などはパラメーターといってその寸法値を入力すれば値どうりのモデルに変更できるパラメトリック機能などが特徴とすることろ(※一部、パラメトリックがない3D-CADもあり)

②モデルデータと図面の高品質化
3D-CADは視点を自由に変えられる。
たとえば、アセンブリーモデルでは部品同士の干渉具合が容易に確認できる。
また、質量・材料をデータに設定することができ、体積、慣性モーメント、重心などを実際の数値であらわせる。

③設計変更・修正への対応の便利さ
よくある設計変更・修正については、最初からモデリングするのではなく、あらかじめ保存されている既存モデルから変更・修正を行うことで応用設計、流用設計、改造設計が効率よくできる。

④製造工程の短縮
製造工程に入る前の段階で、CADデータ上で干渉や勘合、そして加工時の各種処理の段取りがチェックできる。
これは、設計ミスの早期発見、作業工程の短縮が大いに期待できる。

⑤電子データ化による効率化
今まで図面を紙媒体としていた状況からデータ化保存することで、物理的コストが軽減されると同時に、インターネット環境から瞬時にあらゆる場所へCADデータを送れることができる。

設計製図の自動化を目的としたCAD。
時代はやはり2D→→→3Dに移行しているのでしょうか?

なぜ3D-CADなのでしょうか?

設計プロジェクトの分野・規模などにもよるので必ずしも一概には言えませんが、
モノ創りという大きな枠でとらえた場合、3D-CADのデータを軸として様々な角度から同時に目標に向かって作業を進めることができる・・・。

「コンカレントエンジニアリング」が有効だからと考えます。
【開発過程において、さまざまな開発段階を同時並行的に行う開発手法】

3D-CADデータを軸としたンカレントエンジニアリングによって、
設計の初期段階から設計・製造・製図・生産工程管理・プロジェクト管理・各種試験や解析などを同時に関連を持ちながら進めることが可能となる。

各工程を順序立てて行う中で、何か不具合が生じた際に前工程へ戻ってやり直すという従来の作業方法と比べ、工程時間が格段に短縮され、問題点の早期発見もできる。

これらを総括して考えたとき、
機械設計と3D-CADの関わりはより密接なものになっていくことは、
モノ創りに携わる方々の誰もが疑わないものであると考えます・・・。


【3DCAD機種ご紹介】
◆ハイエンドモデル
◆ミッドレンジモデル